11 February 2018

信濃の古社 生島足島神社~日本の中心に鎮まる国土を祀る神

信濃の古社 生島足島神社
(長野県上田市下之郷中池西701鎮座)

今日は建国記念日。
ですので、今回は建国記念日にふさわしいお社~生島足島神社(いくしまたるしまじんじゃ)について書き綴ってみたいと思います。
生島足島神社は上田電鉄下之郷駅から徒歩10分くらいに鎮座するお社で、かつての明神大社です。

鳥居をくぐって境内に入ると東西に連なる参道が走っていて、脇に神池があり、神池の中央に神島と呼ばれる御本社が鎮座しています。

さて、谷川健一著の『日本の神々』に本神社について以下の記述があります。

「古代人が国に命があり、魂があると考えていたことはさまざまな形で証明できる。それを最も明確に示したものが、祈年祭の祝詞に出てくる「生く国、足る国」という言葉である。それを神格化したのが、生国神・足国神である。
生島足島神社の本殿には、御神体は何もなく、ただ土間があるだけである。それは国土が神だからである。土地の霊を国魂と呼んだ。」

これによると、記紀神話や風土記から、先住の異族(国栖、土蜘蛛、八掬脛(やつかはぎ))などが「国つ神」であり、彼らは蝦夷と同盟を結んでヤマト朝廷に反抗し、国魂をヤマト朝廷にささげることを拒否した豪族たちのこととされています。
本神社の御祭神は、生島大神、足島大神の二柱、国土そのものが神だそうです。

諏訪の神様、建御名方富命が諏訪の地に向かわれる途すがらこの地にお留まりになり、二神に奉仕し米粥を煮て献ぜられた、とある。
当方のブログに古事記~国譲り神話に詳細が書かれておりますので、ご参照下さい。

前回の塩野神社と同様に、立派な神橋が境内中央にあります。
神橋の北側には摂社の諏訪神社(下宮)が鎮座しております。

神橋の先には御本社(上宮)が坐しております。

社殿の前に外を遮る蕃塀かのように立つ二本の木が印象的な社頭です。
本殿内殿の土間がご神体というのがとても珍しい。


生島足島神社
御祭神:
生島大神(生きとし生けるもの万物に生命力を与える神)
足島大神(生きとし生けるもの万物を満ち足らしめる神)
二柱の大神は、大八洲国すなわち日本列島の御魂として奉祀され、日本の真ん中に鎮まり、万物を生み育て国中を満ち足らし給う日本国土の州誤審である。
また、摂社(下宮)には諏訪大神が祀られている。

磐座磐境
御由緒:
太古より国土の鎮守として仰がれる信濃の古社で、神代の昔、建御名方富命が諏訪の地に向かわれる途すがらこの地にお留まりになり、二神に奉仕し米粥を煮て献ぜられたと伝えられ、その故事は今も御籠祭という神事として連綿と続いている。
古来より歴朝の崇敬厚く、平城天皇の大同元年には神戸封戸の寄進があり、醍醐天皇延喜の代には明神大社に列せられた。

鎌倉期には北条氏、戦国時代より武田氏・真田氏の武将をはじめ代々の上田城主も、神領を寄進、社殿を修築する等、崇敬を表している。
殊に天皇が都を定められる時には必ず生島足島の二神をその地に鎮祭される例であり、近くは明治天皇が首都を東京と定められた明治二年宮中にこの二柱の大神を親祭され、同三十二年勅使差遣になり国弊中社に列せられた。
(以上、配布御由緒より)

神楽殿から御本社を眺める。
神楽殿はかつての摂社諏訪神社の拝殿として建てられたらしいです。
とても美しいです♪

こちらは下宮(摂社諏訪神社)。
上宮と向かい合って鎮座している。

いぼ石と呼ばれている石と下宮側にある注連縄で飾られている磐座。

大きな夫婦欅は樹齢800年ともいわれる老樹。
今も緑が生い茂っております。

神池から境内を眺める。
社殿と緑がとても美しいお社でした♪

9 February 2018

信濃の古社 塩野神社 楼門形式の拝殿をもつ磐座信仰の社 


戸隠山へ登拝する前に寄り道で上田のお社を訪ねてみました。
上田駅から上田電鉄に乗り換えて、下之郷駅で下車。
この駅の近くに生島足島神社があるので、少し神社を意識した駅舎の造りになっております。

駅で無料レンタサイクルを無料貸出してくれるので、こいつを利用することに。

一本道をひたすら進む。奥に見えるのが塩野神社の御神山である独鈷山。
この辺までは順調だったのですが、この先の麓まで進まなくてはならず、まさに「修験」のような急坂が続きました・・・。

途中前山寺や龍光院という由緒ある立派なお寺があったのですが、体力・時間的に参拝する余裕がなかったので、塩野神社へ直行しました。
杉並木に囲まれたとても美しい社頭です。

途中には注連縄がかけられた石が境内に点在していてとても趣ある雰囲気。

杉並木の先には左右に上諏訪社、下諏訪社が祀られている。

そして、先には塩野神社の木製鳥居が。
神橋、そして社殿が伺うことができます。

とても趣のある造りをした神橋。
境内は実にひっそりとしていて、木々の緑が瑞々しいです。

太鼓橋から拝殿を眺める。
とてもわくわくする瞬間です。

神橋を渡ると実に立派な拝殿が鎮座されていた。
楼門形式の拝殿は、現在のところ県内では諏訪大社と本件が確認されるのみ。
諏訪との関係が強いのだろうか。
尚、塩野神社は塩野川の水源である独鈷山の鷲ケ峰に祭ったのが始まりといわれるらしいです。

本殿

塩野神社
祭神 須佐之男命 大己貴命 少彦名命
約千年前、朝廷で編纂された「延喜式」に載せられている信濃の名社。上田、小県地方における式内社5座の一つで、奥社は塩野川の水源独鈷山にある。
大宮または大明神とも称され、古来この地方の信仰の中心で、塩田北條氏、武田氏、真田氏等の統治者は常にこの神を厚く崇敬した。

勅使殿

中でも永禄11年(1568)の武田信玄の祈願状や天正15年(1586)の真田昌幸(幸村の父)の寄進状など有名なもので、何れも上田市の文化財に指定されている。
かつては神宮寺も付属している大社であり、武田信玄は20貫文の朱印地を奉納していたといわれる。戦前は県社であった。
境内の森厳さは定評があり、また太鼓橋の構築、拝殿(勅使殿といっている)の楼閣造り、本殿の彫刻等見るべきものが多い。
(掲示板より)

拝殿の脇には苔に蒸した巨石の上に石祠が祀られている。
磐座信仰と関係が深いのであろうか。
もののけが現れそうな雰囲気、とても幻想的です。

実に手入れの行き届いた里山の麓に坐する美しい社殿と境内。
こういう素晴らしいお社に巡り合えると幸せな気分になります♪

次回は生島足島神社です☆

7 February 2018

Our thoughts are with you, Hualien (花蓮) - 台湾東部の思い出


昨夜(2月6日)、台湾東部で大地震があったニュースを見ました。

実は5年ほど前に花蓮に旅行をしたことがあり、
居ても立っても居られず、投稿しました。

花蓮はとても落ち着いた町で、
町を散策するとこのような日式の建築物があります。

レトロなゲーセンもあったり・・・

立派なお寺もあります。

実はかつての神社も鳥居もそのまま保存されています。

花蓮から少し足を伸ばすと
太魯閣(タロコ)渓谷という断崖が連なる渓谷があります。

迫力満点の絶景でした。
実は私は台湾が大好きで、昨年の年末~年明けにかけて
台湾最南端部へ旅行に行ったほどです。

そんな愛してやまない美しい台湾が被害に遭われたと聞くと、
心が痛みます。
Anyway, our thoughts go out to you, Taiwan.
加油!台湾!!

4 February 2018

戸隠神社 奥社 随神門から奥社・九頭龍社へ


奥社の鳥居をくぐって約20分の位置に随神門があります。
その先はまるで異空間のような世界が広がっていました。

まさに絶景!
まさに神域の佇まい!!
光のシャワーが差し込んで常世の世界に迷い込んだようです♪

参道の木々も神がかっている。
まるで熊野の大雲取越を踏破したときにであった神域のよう。

参道脇にたつ灯篭と石碑。
かつての修験道の大講堂跡や院坊跡であったのでろう。
戸隠や熊野といった古道の脇道にはこのような跡地が多くあり、かつての賑わいを思い起こさせます。

参道脇に祀られている飯縄大明神の祠。
飯縄大明神とは、長野県の飯縄山(いいづなやま)の霊山に対する山岳信仰の発祥と考えられる神仏習合の神。
戸隠山山頂から飯縄山の穏やかな山容を望むことができます。
荒々しい修験の山である戸隠山とはとても対照的な飯縄の神、何か大きな関係があるかもしれませんね。

途中から石段が続き、少し息が上がってきます。

途中にある滝。滝つぼの手前には「八水神」と彫られた石碑が。
ここでかつて業者は身を清めたのでしょうか?

そしてようやく奥社へ到着。
私が着いた時間は人も疎らで、登山客が数グループいただけでした。
以前は木製の社殿だったが、大雪(か土砂崩れ)により倒壊してしまい、現在の形になったと記憶。
御祭神は天岩戸伝説の主人公(?)怪力の持ち主の天手力雄命です。

奥社
創建前210年 第八代孝元天皇の五年
御祭神:天手力雄命(あめのたぢからのみこと)
神代の昔、天照大神は天の岩屋にお隠れになった時、無双の力をもって、岩戸を開いた天手力雄命を戸隠山の麓に奉斎したことに始まります。
戸隠神社の御本社として、開運、心願成就、五穀豊穣、スポーツ必勝などに御神徳があります。

参道は約半里(二キロ)、中程に藁葺の赤い随神門があり、その先に樹齢400年を超える
鬱蒼とした杉並木(天然記念物)が続いています。途中、修験道の大講堂跡や院坊跡に遺る苔むした礎石が
往時の隆盛を偲ばせてくれます。
(以上、パンフレットより)

そして、奥社脇に鎮座するのは九頭龍社。
戸隠五社の中で最も古いお社で、地主神の九頭龍大神を祀っております。

九頭龍社 創建 当社中最古
ご祭神:九頭龍大神
御神徳鎮座の年月は不詳ですが、奥社に天手力雄命が奉斎される以前、すでに地主神として奉斎されていました。現在も毎朝、神饌所で焚いたご飯を本殿にお備えするという儀式が行われ、戸隠信仰の源態を伝えています。

生命の源の水を司る神とされる九頭龍神は、古来より雨乞いの神。虫歯の神、縁結びの神として尊信され、また、心願成就の御神徳も高く、特別なる信仰を集めています。
(以上、パンフレットより)

戸隠神社と彫られた石碑と意味ありげ?な丸い球。
きっと戸隠講の信者が奉納したのでしょうか。

ちなみに、日中の参拝ですと、写真のように長蛇の列です…。
(わたしは登山と御朱印を頂くため、2日連続で参拝したのでした…)
ちなみに奥のギザギザの山が天の岩戸~戸隠山です。

 

最後に有名な鏡池の写真で戸隠編は終了。

次回は信濃のお社を二社ほど、書き綴っていきたく思います。

Popular posts