Posts

Showing posts from January, 2010

Inside Planet Earth (1)

地球内部について

1.重力
250,000Miles Abve Ground - 月

月や人工衛星を地球に引き寄せ、大気も重力により引き寄せられている。
濃密な地球内部の質量によってもたらされている。

62Miles (100km) Above Ground - 大気
隕石や放射線から地球を守るだけでなく、断熱材としての役割も果たしている。
太陽は生命の源であるが、生命は地球内部のエネルギーなしでは誕生しなかった。

地中エネルギーは強力で岩の層を押し上げ、山脈を形成する。

~ニューメキシコ州 グアダルーペ山脈~
この山脈はかつて海の底にあったが、地熱により2400mまで押し上げられた。

850Feet Below Ground(地下255m)
~カールズバッド洞窟群~
地面隆起の途中で亀裂や割れ目に水が入ったことで、もろい石灰岩が溶け出した。
多くの場合、洞窟に沿って何10kmも川が流れている。
巨大な鍾乳石は下にや石筍は上に向かって、水の力で形成されている。

1000Feet Below Ground(unknown洞窟)
長さ12mのクリスタル・・・ミネラルが多く含む地底湖が残したもの。
地下から噴き出すマグマによって、地底湖が沸騰。地中の裂け目に熱湯が浸みていき、ミネラル分がクリスタルになった。
気温:摂氏50℃ある。-当然気圧も高くなる。

地球の表面はプレートという7つの大きな層から出来ていて、離れたり、結合したりして絶えず変動している。プレート同士の衝突によって、山が形成される。(アルプス山脈)・・・年に6mmづつ高くなっている。

1.5Miles Below Ground (地下3.6kmにある石灰層)

長さ1100km、高さ900km・・・2億1000万トンの石炭がある。
石炭は、元々森林の化石である。
3.6億年前、生物の種類と数が最も多かった時代。

パンゲア大陸~複数の大陸が赤道付近でひとつになった。
低地に広がる大きな沼地や熱帯雨林が、膨大な新種の生物を誕生させた。
→石炭期と呼ばれている。

~ジョージア州オキフェノーキ自然保護区~
熱帯雨林の誕生が光合成で、二酸化炭素を吸収し、酸素を放出。(酸素濃度:現在の6割以上)
酸素濃度の高さ:生物の巨大化に繋がる
1.8mのムカデや、60cmのゴキブリ、沼地を支配していたのはカエル(ワニと同じ位の大きさ)
植物が腐敗すると、泥炭 →岩に圧縮され水分が除去 → 堆積…

Inside Planet Earth (2)

200miles Below Ground (2900Km・・・マントル)

地震:地球を覆う複数のプレートは、マントルの動きに合わせて、お互いにぶつかったり乗り上がったりしている。
プレートに圧力がかかっていくと、ある時点で地面が揺れたり、ずれたりする。
一方で、地震は地球の内部を知る重要な手掛かりとなる。

地震波は地球の内部を駆け巡ったり、跳ね返ったりしている。その波動を元に、地球内部の物質を調べることができる。
地震波は物質によって、伝わり方が異なることから、地球の内部にはいくつもの層があること、そしてマントルの大きさは2900kmということが判明した。さらに核についても判明した。

マントルの中は流動的。高温の固体の岩が絶えず、ゆっくりと上下に循環している。
マントルの対流によって、核の熱が地殻まで運ばれる。
そして、この熱が地表のプレートを動かしている。

地殻には2種類のプレートがある。海洋プレートと大陸プレート。
2つのプレートがぶつかると、重い海洋プレートが軽い大陸プレートの下に潜る。
沈みこんだプレートは、水や堆積物と共にやがて核に到達する。
そしてマントルの中に水が貯蔵される。

大昔から大量の水がマントルの中に運ばれてきた為、現在では地表よりも地球内部の方が水が多いとされている。(2~12倍)
もし、その水が地表に現れてきたら、大洪水となる!!
海面は4000mまで上昇する。

マントル内の水の一部は、熱せられると、再び地表まで出ていく。
地球内部の圧力によって、マントルが液状のマグマになり、熱せられた水と混ざると、地表へ登っていき、噴火する。

アメリカのセント・ヘレンズ火山は、プレートの境界に位置している。
1980年の大噴火で出て来た大量の岩や水蒸気は、その昔太平洋の下にあるプレートの一部だった。

環太平洋火山帯は、太平洋上のプレートがマントルに沈みこんでいる場所。

1000miles Below Ground
下部マントル:過酷な環境が不思議な化学現象を引き起こしている。
未だマントル内の物質は解明されていないが、幾重にも層が重なっている可能性がある。

1500miles Below Ground
プルーム:地殻まで上昇するマントルの名前
プルームはキノコのような形をしている。直径160km程度と予測。
これが地表まで達すると、ホットスポット火山と呼んでいるものが出来る。

プルームが地表まで達すると、…