31 December 2010

王子界隈を歩いてみた -1 王子稲荷と装束稲荷


王子界隈を歩いてみた-1
王子稲荷神社と装束稲荷神社 : 『大晦日の狐火』



大晦日にちなんで、王子稲荷神社と装束稲荷神社、
そして王子神社の参拝記でも。。。

さて、いよいよ2010年も残すところあと一日。
皆様は楽しい一年だったでしょうか?

私は・・・そっとしておいてて下さい(苦笑)

さて、この『神社ブログ』(と化してしまった←)2010年の締めくくりとして、北区王子にある「王子稲荷神社」について、ご紹介したく思います☆

上の絵は、江戸時代の浮世絵、
安藤広重作 名所江戸百景~『王子装束ゑの木 大晦日の狐火』。
(wikiからCopy Free 画像を使用しました)

この浮世絵の舞台地が・・・

此処、装束稲荷神社であったとされている。

今から約千年の昔、この附近一帯は野原や田畑ばかりで、その中に榎の大木があり、そこに社を建てて王子稲荷の摂社として祭られたのがこの装束稲荷である。

この神社にある榎の木の下に数多くの狐がやってきて、衣装を改めて王子稲荷神社に参詣したという伝承があることから、木は装束榎と呼ばれていた。
狐たちがともす狐火によって、 地元の人々は翌年の田畑の豊凶を占った。

これが『大晦日の狐火』の起源である。

昭和四年(1929年)、装束榎は道路拡張に際して切り倒され、装束榎の碑が現在地に移された。後に、この榎を記念して装束稲荷神社が設けられた。

尚、ボクが参拝した日は、お祭り真っ只中!
当然「油揚げ」など、狐に纏わる食べものが出店で売っていた。
ちと、見にくいけど、御神木の装束榎が立っている。
・・・祭りの邪魔になるといけないので、王子稲荷神社へ移動することにした。

尚、メイン・ストリートは、狐火祭の提灯が数多くぶら下がっていた。
王子にとっての一番重要な行事のひとつなのであろう。

装束稲荷から歩く事10分。
王子神社の上に、稲荷神社が御鎮座されていた。
両脇には幼稚園があるのだが。。。
なので、本門をくぐるのは、土日祝日のみと決められている。

王子稲荷神社の御祭神は、宇迦之御魂神 宇氣母智之神 和久産巣日神の3神とされている。
康平年中に征夷大将軍、源頼義により「関東稲荷総司」の称号を頂き、小田原北条氏についで、徳川将軍家代々の祈願所と定められてきた。

現在の御社殿は十一代将軍家斉公により新規寄進されたもの。
ちなみに、落語「王子の狐」の舞台でもある。



拝殿をパシャリ。
尚、入場すると、『額面著色鬼女図 』等といった貴重な天井画を拝むことが出来る。

この王子稲荷神社。
王子地区だけに親しまれただけでなく、社伝に「康平年中、源頼義、奥州追討のみぎり、深く当社を信仰し、関東稲荷総司とあがむ」 と伝承する。

この当時の「関東」とは、遠く陸奥国まで含む「東国三十三国」をさす。

以降、江戸中期までは神域に「東国三十三国」の幟、扁額を備えていたが、寛政改革時に幕府の行政干渉によりそれらの没収を受けてより、せまく「関東八州」の稲荷の総社とのみ観光紹介に許されたため、関八州稲荷の頭領として知られるようになったのが経緯であるが、「東国三十三国」の稲荷の頭領というのがもともとの正しい伝承である。


ここは本宮社の社殿。
稲荷神社自体、中世以降の民間信仰と仏教との習合から派生したものであるので、いまいち分からない(苦笑)

拝殿⇒本宮の先には、『御石様』の祠がある。

この石は、願い事を唱えながら持ち上げて、その軽重によって占う石。
京都伏見稲荷神社の奥宮にも同じように重さで占う「おもかる石」がある。
・・・きっと京の都の代表的な伏見稲荷神社を模倣したのかな、と想像。

2011年は自分自身、そして僕を取り囲んでいる世界中の人達に『幸』が訪れる事を心から祈っております☆

では、よいお年を・・・。

No comments:

Post a Comment