Posts

Showing posts from January, 2011

武蔵‐氷川Ley Line(レイライン)を進め -5 武蔵國一宮 氷川女體神社

Image
武蔵~氷川神社ラインを訪ねてみた
5. 氷川女體神社
見沼田んぼを走り抜け、最後の目的地、氷川女體神社へ。
この辺は埼玉スタジアムへの近道で、浦和のサポートをする為に自転車で近くを走ったものだ。


社頭。
武蔵野台地の上に、見沼を見下ろすかのように神社が鎮座されている。


階段を一歩づつ登っていくと、朱色の鳥居、そして鬱蒼とした鎮守の森が姿を現す。

氷川女體神社の御祭神は、奇稲田姫尊(くしなだひめのみこと~大宮氷川神社の御祭神スサノオの妻)で、三穂津姫尊(みほつめのみこと)、大己貴尊(おほなむちのみこと)が配祀されている。

御由緒としては、今から2000年前の昔。
第10代崇神天皇の時代に勧請をしたと「武州一ノ宮女体宮由緒書き」にて伝えられている。

氷川女體神社の 「女體」は、御祭神である稲田姫命(いなだひめのみこと)に由来する。
記紀のなかでは、稲田姫命は須佐之男命(すさのおのみこと)がヤマタノオロチ退治の際に助けて妃にした姫とされている。


一説には、当社(女體社)と、大宮区高鼻町にある大宮氷川神社(御祭神:須佐之男命・男体社)、見沼区中川にある中山神社(御祭神:大己貴命・王子社)の三社を合わせて、武蔵国一宮と称されていたとも伝えられている。

中世以来、武門の崇敬を集めており、鎌倉北条氏、岩槻太田氏、小田原北条氏などにゆかりある書物や宝物が多く所蔵され、徳川将軍家からも社領50石を寄進されている。

御社殿は、三間社流作り。
現在の御社殿は、四代将軍徳川家綱の命により寛文七年に竣工されたもの。

氷川女體神社にとって、最も重要な祭祀は『祇園磐船龍神祭』と呼ばれるもので、神社から出て見沼田んぼ(当時は湖)にある祭祀場跡でおこなわれていた。

『氷川女体神社のかつての最も重要な祭祀は御船祭でした。
しかし、享保十二年(一七二七)の見沼干拓によりそれが不可能となり、代わりに社頭の旧見沼内に 柄鏡形の土壇場を設け、周囲に池をめぐらし、ここに その祭祀を移して行うことになりました。それが磐船 祭です。

実際にここで祭祀が行われたのは江戸時代中期から幕末ないしは明治時代初期までの短い期間ですが、その祭祀は見沼とは切り離せない古来からのきわ めて重要なものです。
この遺跡は保存状態も良く、これを証すべき文書や記録も残されており、史跡としての価値が高いといえます。

なお、昭和五十七年度に、復…

武蔵‐氷川Ley Line(レイライン)を進め -4 見沼田んぼの歴史

Image
武蔵~氷川神社ラインを訪ねてみた

4. 見沼田んぼを散策してみた


中山神社へ参拝のあと、いよいよ最終目的地である氷川女体神社へ向かう。
そこで必ず通らなくてはならない『見沼』について少々・・・。

・・・のぺーっとした景色。
遠くに新都心が望めるだけで、天気のせいか味気ない風景。

しかし、天気と時間帯を選べば、
このような広い空を拝むことができます^^

おっ、道端に柿がなっている!

・・・よく見ると、大きなスパイダーがぁ(涙)

「こ・怖い・・・」

因みにこの辺りは、小生がJoggerだった頃
よく走った場所。
土地勘はさすがにある^^

・・・と思ったら、コスモス畑を発見^^
お花畑を見ると、ほっこりと心が和みます。

コスモスの原産は、メキシコの高原地帯に・・・


なーんて、長閑な話をするために
書いているのではなーい><

何故『氷川レイライン』と騒いでいるのか?
理由は上の図を見てほしい。(Wikiのフリー画像を加工)

見沼が干拓される前(17世紀頃)までは、いわゆる見沼田んぼ自体が大きな湖であった。
(さらにいえば、古墳時代の頃は鴻巣あたりまでが海岸線だったらしい)

そこに引いてみた緑色のラインと赤い点。
氷川神社(スサノオ・・・父)-中山神社(オオナムジ・・・子孫)-氷川女体神社(クシナダヒメ・・・母)が湖畔に一直線に並んでいる。

そして中山神社は、ほぼ中央にあり、冬至の日には太陽は氷川女体神社の真上から昇り、夏至の日、太陽は氷川神社の真上に沈むらしい。

これは偶然ではない、必然である!
(なんちって^^)

尚、現在は整備されて「見沼田んぼ」と「見沼代用水」となっており、元アジアチャンピオン~浦和レッズの練習場もあり、さいたま市民の憩いの場となっております。

見沼について学びたい方々の為に、見沼の歴史を添付します。

縄文時代


弥生時代~江戸時代初期


八丁堤によるせき止め


現在


・・・乱暴すぎてすまぬ^^;

(これ以上の説明はないだろうと思いましたので^^)


いにしえのミステリーに包まれた氷川三社レイラインの最終回は・・・
宮本町にある『氷川女體神社』についてです。

武蔵‐氷川Ley Line(レイライン)を進め -3 中山神社

Image
武蔵~氷川神社ラインを訪ねてみた

3. 中山神社(中氷川神社)
(埼玉県さいたま市見沼区中川145-65鎮座)

氷川神社を抜けて第2産業道路を自転車で漕いでいると、道路脇に『中山神社入口』の看板を発見。
細長い並木道が参道チック。
そんな細い道路を数百メートル走ったところに、中山神社が鎮座されている。

・・・丁度この時期は七五三詣の時期。
季節感がなくて申し訳ありません^^

社頭前。
なかなか趣きある佇まい。

御祭神は大己貴命で、父(六代前の父)であるスサノオを祀っている氷川神社と、この後紹介するスサノオの妻であるクダナダヒメを祀っている氷川女体神社の丁度中間点に鎮座されている。

こちらが社殿。
鎮守の森に囲まれて、とても気分が落ち着く。

この辺で御由緒を・・・

中山神社は、かつて中氷川神社と呼ばれた中川の鎮守である。創建を人皇十代崇神天皇の御代二年と伝えられる古社である。
明治四十年七月、神社合祀の際に社名を現在の中山神社に改められたが、今でも通称は「中氷川神社」で通っている。

「中氷川」の由来は一説には、見沼に面した高鼻・三室(浦和)・中川の地に 氷川神社があり、各々、男体宮、女体宮、簸王子宮を祀り、当社が高鼻(男体)、三室(女体)の中間に位置したところから付けられたという。


天正十九年(1591)十一月、徳川家康から社領十五石の御朱印を賜った格式のある神社である。
当社の祭礼の中でも、毎年十二月八日に行われた鎮火祭は特に有名で、焚き終わった炭火の上を素足で渡り、無病息災及び火難がないよう祈願するものである。(御火塚という神事跡)ただし、近年は事情によりこの行事は中断している。

現社殿の裏側に旧社殿が保存されているが、これは桃山様式をもつ市内最古の建造物として大宮市指定文化財となっている。
(中山神社の掲示板から)

覆殿の中には旧社殿が保存されている。
案内板に下記のように記されていた。

-大宮市(現さいたま市大宮区)指定文化財建造物「中山神社旧社殿」-

中山神社は、古くは氷川社と称し大己貴命を祀る旧中川村の鎮守で、大宮市高鼻町の氷川神社と浦和市三室の氷川神社の中間に位置するため、中氷川神社とも呼び慣わされてきました。明治の終わりに山の山村神社などを合祀して現在の社名に改めました。

境内では十二月八日に神事の「鎮火祭」が執り行われていましたが、現在は社殿前に建立…

武蔵‐氷川Ley Line(レイライン)を進め -2 氷川神社とアラハバキの謎

Image
武蔵~氷川神社ラインを訪ねてみた

2. 氷川神社摂末社にある“アラハバキ神”を祀る社


今回は「ヤマト王権」によって、邪神と夷しめられた神‐荒脛巾(アラハバキ)と氷川神社との関係や由来についてです。

さて、氷川神社境内の右側の鬱蒼とした茂みの中に二つ並んだ社殿がある。
左から『門客人神社』、そして『御嶽神社』である。

左の『門客人神社』
現在は、足摩乳命(アシナヅチ)と手摩乳命(テナヅチ)←氷川神社の御祭神であるスサノオの妻であるクダナダヒメの両親を祀っていることになっているが・・・

元々は「荒脛巾(あらはばき)神社」と呼ばれていた神社である。

「新編武蔵風土記稿」によると、この神社の元々の祭神は豊石窓、櫛石窓であったらしい。
「客人神」というと、あとからやってきた神を祀るイメージがあるが、実際は以前からの土着神である地主神を客神として祀っている。

柳田国男の「石神問答」中で、豊石窓、櫛石窓の二神が石神であるとされ、石神はシャクジのことで、シャクジはサエ(賽)の神の意である、と述べている。

「門客人社」は、「門神」と「客人神」を合体したものであり、客人社は元々土地の地主神であったものが、後来の神にその地位を奪われ(氷川神社の場合は出雲族)主客を転倒させられた、と同時に門神はサエの神で、外来の邪霊を撃退する為に置かれた神である、と理解される。
(「日本の神々」 谷川健一著より抜粋)

その後来の神とは、つまり蝦夷。
蝦夷民族の進入を阻止する為に、蝦夷の神を祀ったと言われる。

さらに小生の推論でいうと、「ヤマト王権」下の武蔵國は、和銅(精錬しないでも良い純度の高い銅)をはじめとした金属が採掘できたり、農耕に適した肥沃な土地を持っていた為、経済・戦略的に見て重要な拠点として捉えられていたと推測する。

重要な地だからこそ、武蔵(特に埼玉)に、出雲族の首長がいわゆる渡来人(数多くの渡来人(例:新座→昔の新羅郡、高麗→高句麗の入植者が多い)を奴隷移民として引連れて、武蔵國を開拓したのであろう。

天皇御陵を真似た『さきたま古墳群』を作れる程の政治力や資金力があった。
また現在の地名においても、大宮には櫛引という地名や、「石神」の意に近似した道祖土という地名、都下にも石神井というアラハバキ名残の地名が数多く残っている。

かと思えば、「東日流外三郡詩」なる書物には、アラハバキ神は、日本の…

武蔵‐氷川Ley Line(レイライン)を進め -1 武蔵國一宮 氷川神社

Image
武蔵~氷川神社ラインを訪ねてみた

1. 武蔵國一之宮 氷川神社 社殿
(埼玉県さいたま市大宮区高鼻御鎮座)



ボクは地図を「読む」のが好きだ。
特に標高図を見ると、人類の流れが垣間見れて楽しい。
例えば、現在の海抜6mを塗りつぶせば、縄文時代の頃の海岸線が見えてくるし、地名の意味と併せて考えていると、なかなか時間潰しになる。

さて、Google Mapで作ってみたこの表。
「氷川神社ライン」と勝手に呼んでいる一本の線は、氷川神社(主祭神:須佐之男命・・・スサノオ) - 中山神社(主祭神:大己貴命・・・オオナムヂ。スサノオの子孫) - 氷川女体神社(主祭神:稲田姫命・・・イナダヒメ。スサノオの奥さま)が、一本の線で結ばれている。

氷川神社の位置は、かつての見沼の畔であり、氷川神社の神池は見沼の名残で、もともと氷川神社は見沼の水神を祀ったことから始まったと考えられている。

そして、この三社が男体社・女体社・簸王子社として一体の氷川神社を形成していたらしい。
これは現在も残る『さいたま市緑区三室』の地名の由来にもなっている。

おお、近所に何てミステリーな!

・・・ということで、このミステリーの地を巡礼して、謎を紐説いていきたいと思う(笑)


より大きな地図で ☆氷川3社レイライン☆ を表示
まずは、武蔵國一宮とされている氷川神社から。
この鳥居は二の鳥居で、すぐ近所に大宮図書館がある。

元々は明治神宮の鳥居だったが、落雷によって破損してしまい、ここ氷川神社に移設されてきたとのこと。

由緒ある神社の旧社殿が建て替えの際に出た端材は、捨てることなどせずに、他の神社の材料として再使用される。太古の昔から日本人はエコロジーな民族だったのだな、と改めて御先祖様に敬意。

社伝によれば、孝昭天皇3年(紀元前473年)4月に創立された。
また、「国造本紀」によれば、景行天皇の代に出雲の氏族が須佐之男命を奉じてこの地に移住したと伝える。

本社には、景行天皇の皇子・倭建命が東征の際に負傷し、夢枕に現れた老人の教えに従って当社へ詣でたところ、立てるようになったという伝説が残されており、このことから本地域を『足立』と称するようになったとされる。

成務天皇の時代に出雲の兄多毛比命(エタノヒノミコト)が武蔵国造となり、社名の氷川は、出雲肥河(斐伊川)の川上に鎮座する杵築大社(出雲大社)からの勧請によるもの。

調神社 「つきのみや」のウサギさんを探せ!

Image
調神社~調宮のウサギさんを探せ!


オラ~!
ブエノス・ディアス!!

今回の案内役、調宮(つきのみや)の手水ウサギです☆
最近スペイン語にハマってます!

さてさて、今年は僕たちウサギの干支だから、
神社は大盛り上がり!・・・って訳でもなく(汗)

とにかく浦和の皆さんにいつも可愛がってもらってます♪

何故ボクの神社が「ウサギの宮」になったかは、
前回の記事で確認してくださいね☆
今年の歳旦祭も例年通りに大盛り上がり!
元日から11日経っているのに、まだ防護ネットを外していない

そうそう、境内にいる仲間のことだよね?
まずは、社頭にある狛ウサギさん・ブラザーズ。
アニキは写真NGだったので、オトウトを紹介します。
結構年季が入っていてシブいよね!

それに比べてボクなんざ、
まだまだひよっこみたいなもんです♪
でも、一番人気はボクらしいよ(^^)

昔は『幸運(開運)の霊水』なんて看板があったけど、
胡散臭いから取ってもらったんだ~☆


社殿は安政6年(1859)竣工で、総欅の権現造りなんだって。
彫刻とかキレイだよね~!
でも、この中にもウサギさんがいるんだよ☆

↑↑
ここに2把のウサギさんがいるけどわかるかな??

そして、ここにも2把のウサちゃんがいるんだよ☆
あとね、写真の右下隅の金色の灯篭にも・・・
ボク達が隠れているんだぁ~☆
(拡大すれば恐らく分かるよ)

そして御手洗池にもウサギさんはいます!

ボクより豪快に水を吐き出しているウサギさん。
雨ざらしの中、毎日大量の水をリバースして
大変だな~って、いつも思っていますw

そして、その隣にも・・・
ちいさいけど、ウサギさんが澄ました顔をして
ポーズを決めています☆

実は脇にカメさんもいるんだけど・・・
この写真だと分かりづらいですね(^^;)
そして朱色の社殿は、
旧本殿で享保八年(1733年)建立なんだって!
今はキツネくんの社になっているけど・・・

その石燈籠をよく見ると・・・
三日月になっていまーす☆

芸が細かいね~♪
そんな旧本殿にもウサギさんがいるんだよ☆
木彫りの彫刻板の『月見ウサギさん』
ボクの大先輩なんです。

まだ旧本殿内に仲間がいるはずなんだけどな・・・。
まっ、そんな感じです☆
以上、手水うさぎのレポートでした~♪

最後まで読んでくれて、

ขอบคุณค่ะ


(・・・って、タイ語じゃん★)

今年も良い一年でありますよーに…