沖縄巡礼 天空の城 世界遺産 中城城跡


沖縄といえばグスク(城)。
首里城をはじめとして多くのグスクがありますが、今回の旅で訪れたお城は『中城城跡』といわれるグスクです。

こちらのグスクは「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されており、日本の名城100選にも選ばれているお城です。

とても美しい佇まいをした城壁です。

南の郭周辺の野面積みといわれる石積み。
中城城跡には、三種類の石積みがあります。

裏門から入場。
ちなみに、これは布積み(豆腐積み)。

ここは北の郭。
まるで万里の長城のような美しい城壁が四方取り囲んでおります。
これは、あいがた積み(亀甲乱れ積み)。

城内には拝所もあります。
ここは中森ノ御イベという拝所で、通称着替御嶽(ちーげーうたき)といわれています。

尚、一の郭の先、南の郭には、久高島遥拝所などもあったらしいです・・・(またしても失念)

中城城跡は、かつて、貿易が行われていた屋宜の港から2kmほど離れた標高160メートルの丘陵上にあり、丘陵の東崖縁を天然の要害とし、300余あり沖縄のグスクの中で最も遺構がよく残っていることで知られています。
城は、連郭式の山城で、六つの郭で構成され、城壁は、主に琉球石灰岩の切石で積まれています。
中城城跡城跡は、14世紀後半頃迄に先中城按司が数世代にわたり、西の郭、南の郭、一の郭、二の郭の主な部分を築き上げ、1440年に読谷の座喜味グスクから移ってきた護佐丸によって、増築され、現在のグスクの形が完成したようです。
(以上、パンフレットより要約)

一の郭から太平洋(中城湾)を望む。(与勝方面かは定かではありません)
眺望は最高で、四方を見渡せることができる要衝だったことが理解できます。

そして、城跡の隣には「中城高原ホテル」跡が。
廃墟スポットとして有名らしいです。

一の郭では発掘調査がされていました。
石のひとつひとつに番号が振られて厳重に管理されています。

幻想的な雲と相まって、「天空の城」のように見えてしまう中城城跡。
とても美しい眺望と芸術的な姿をした城壁に思わず感動してしまいました。

次回は中城城跡の近くにある拝所です♪

Comments

Popular posts from this blog

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社