沖縄巡礼 喜舎場公の墓とイーヌカー・イラブーガー(北中城村)


中城城跡から約2キロ程北上したところに喜舎場という集落があり、奥の高台に進んでいくと「喜舎場公の墓(喜舎場御嶽)」があります。
喜舎場公は喜舎場村の創設者であり、13世紀頃の人物といわれているらしいです。

参道を進む。
二体の巨岩がまるで山門のように立ちはだかっている。

ここが喜舎場公の墓。
琉球石灰岩の上に石祠が築かれています。

脇にあるアーチの先には、喜舎場公子孫上代之墓が祀られている。

喜舎場公の西側の石畳。
まるでジャングルの中に来たかのよう。

降っていくと、喜舎場祖先の墓所(喜舎場の殿)が静かに祀られている。
ここにも見事な珊瑚岩が露出している。

喜舎場祖先の墓所あたりに石畳の道が二岐に分かれています。
そちらを進んでいくと・・・

二体の巨岩が行く手を遮る。
さらに、草木をかき分けて道なき道を進んでいくと・・・

岩の付け根にイーヌカー(上の井戸)と呼ばれる史跡があります。
尚、この辺りは『喜舎場御嶽』と呼ばれております。

イーヌカーは琉球石灰岩で積み上げられている井戸で、ハチウビー(旧正月)、ウマチー(旧2月15日、旧5月15日、旧6月15日)に集落で拝んでいる。

井戸の水は石灰石が溶けて白濁しておりました・・・。

喜舎場御嶽には琉球の創世神、アーマンチュー(アマミキヨ)が住まっていたという伝えや、近くに喜舎場子なる者、喜舎場公なる者が居を構えていたこと (『球陽』(1745年)外巻『遺老説伝』)、更にイーヌカーの北側 (旧シェラトンホテル一帯)には、グスク時代の甲斐川原遺跡があり、往古の世、上の井戸の一帯は由緒ある場所であったことがわかる。
(以上、北中城村ホームページより抜粋)

この岩のさらに奥にはイラブーガーと呼ばれる往古の世より使われてきた井戸があるらしいが、未整備かつハブに噛まれたら大変だ!と思い、進むのをやめました。

またまた、片手落ちの内容ですいません・・・。

まるで原生のジャングルを彷徨っているかのような気分。

以上、小さな集落の祖を祀る御嶽でした。

そうそう、今回の旅では『神社』には巡っておりません。
理由は後程。

次回は、圧巻!の大主ガジュマルです。

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社